堀江貴文さんの書籍 多動力 感想


スポンサーリンク
力-->

どうもこんばんはからすぅです٩( 'ω' )و

今日は堀江貴文さんの書籍 多動力について簡単に紹介させて頂きます。

 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 

 

■多動力とは

本書籍では多動力を様々な事を同時にこなす力と言っています。

 

著書である堀江貴文さんも持ち前の多動力を存分に発揮し、様々な業種の仕事を同時並行に行なっているとの事で、肩書きもたくさん持たれている様です。

 

多種多様な仕事に携わる中で、特定の業界に属しているだけでは思いつかない様な発想が芽生え、結果として多くの人から求められる人材になっていったみたいです。

また、これからの時代はインターネット

を通して全てのものが繋がり、一つになると言われています。

 

例えばiPhoneの様な電子機器でインターネットを通じ車を自動運転させる。そうすると車は運転するものではなく、快適に移動する空間となり、そこにはインテリア業界などが参入してくる可能性が出てきますね。この様に業種ごとの壁がなくなって行く中で、様々な環境間を行き来できる力も多動力ということになります。

 

■多動力ってどうやって身につくの?

案ずるより産むが易しという様に、とにかくやってみたいことがあれば手をつけてみることです。

 

やれば何かをつかめるし、新たな興味の対象が生まれてくるはずです。

 

分らないこともたくさん出てくるとは思いますが、専門外の知識や情報は恥ずかしがらずに聞くなりネットで調べ、どんどん知識にしていきましょう。

 

好きなことに熱中し、飽きてまた別のもに熱中する、これこそが多動力を身につける上で最も重要な様です。

 

■多動力を発揮するためにも無駄な時間は排除しよう!

多動力を発揮するにもまずは時間の確保が重要です。

 

日常の行動の中でいらない仕事などがあれば、それはやらない、人に任せる、などして自分の時間を確保し、自分がやりたい事に集中するべきですね。

 

また、自分の時間を生きるためには付き合わない人も明確にすることが大事な様ですね。

 

■多動力を発揮して貴方の価値を高めよう!

 

日本人の良きところとして一つのことに真面目に取り組むことがあります。

一つの仕事を極める、一つの組織に尽くすなど、今日までの日本を支えてくれた姿勢だと思います。

 

しかし、これからの時代自分の付加価値を高めていくためには、一つのことだけに集中するのではなく、例えば経理職でありながらWEBデザインもできるなど、自分のできることの幅を広げて行くことが大事となる様です。

 

そうすれば一人一人の価値がぐっと上がり、必要とされる人になるのではないでしょうか。

 

■その他

この本は堀江さんの実体験が多く語られており、また、何十年も寿司の修行をするのは時間の無駄と言ったバッサリ系の発言が多く見られます。

 

会議中にスマホをいじった方がより良い時間を生み出せる、他人の時間を奪う電話には出ない、など徹底した合理主義の堀江さんの生き方を垣間見るという意味でも読んでて面白かったです。

 

それでは今日はこの辺で・:*+.\*1/.:+

 

そろそろ目次くらい作れる様になろう。。。見栄えが悪ですもんね_:(´ཀ`」 ∠):

 

incentive-to-innovation.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1: °ω°