THE BUSINESS BLOG (からすぅ100%)

ビジネスパーソンに必要な考え方やスキルを勉強も兼ねて紹介しています。

【ビジネス】一流ビジネスパーソン必須のアプリEVERNOTE〜コンサルの僕がついにEVERNOTEに手を出した〜

f:id:incentive-to-innovation:20190301124833j:plain

結論から先に言えばEVERNOTEは非常に役に立っています。

 

自分自身まだまだ十分にEVERNOTEを使いこなせてはいないのですが、皆さんの仕事のお役に立つかもしれませんので、僕の使用している方法をお伝えします。

(以下の画像が今回紹介する全体像になります。)

f:id:incentive-to-innovation:20190226162529p:plain

1  顧客への提示資料

EVERNOTEはPDFでもwordでもWEBクリップでもノートに保存できますので、業務案内パンフレットやチラシを常にEVERNOTEに保管しています。

 

商談中は視覚的情報を使用するほうが記憶にも残りますし、これらの資料を使用することで自分のペースに相手を引き込みやすいです。

 

ホームページ上に載せている実績などはWEBクリップで保存しておけば、相手にすぐに確認もしてもらえますし、非常に便利です。

 

EVERNOTEには手書き入力の機能も備わっていますので、行程表等(行程表はエクセルで作ったのを保管してあります)をあらかじめノートに入れておけば、商談中行程の共有がしやすくなります。

2.  備忘録(思い返すためのメモ)

業務の関係上法律も理解する必要があるのですが、法文書って解釈が難しいですし、ズラズラ~と長い文章が羅列されているので目当ての文書を探すのも非常に厄介です。

 

そんな厄介な法律関係の文書もEVERNOTEに整理すれば美しく記録することができます。

f:id:incentive-to-innovation:20190226171316p:plain

法律に限らずですが、大事なメモをどこか一か所に集約できる機能を持ったアプリを持つことをお勧めします。

 

そのほかには検討会資料やメモもEVERNOTEに記録として残しています。

EVERNOTEではタグで書類を管理できるため、検索時にとても役に立ちます。

3. 営業記録

EVERNOTEはアプリを通してパソコン、タブレット、スマートフォンでの同期が可能です。

 

ですので営業が終わった後にスマートフォンからでも内容を入力しておけば、帰社した際には既にパソコン上にメモが完成しており、それを社内で活用している営業報告書にでも記入すれば漏れなく情報の伝達が可能となります。

 

それから自分はまだ使ったことはないのですが、EVERNOTEには録音機能もありますので、ノートを開いてこっそり録音なんてのもありかも知れません。

 

あとは営業の楽しみで地方のおいしい食事処へ行くのですが、おいしければまた行きたいと思いますので、WEBクリップで記録をしています。 

4. インボックス

 僕のブログでも良く出てくるインボックスですが、とりあえずひらめいたことや与えられたタスクはここに書き出しておきましょう。

 

書き出した内容を整理し、仕訳し、何が重要なタスクなのか、緊急性のあるタスクなのか、重要であり緊急性のあるタスクなのか等を振り分けていきます。

5. アイデアボックス

たまに神が下りてきてナイスアイデアをプレゼントしてくれる時があります。

そういうのって意外とすぐに忘れてしまうので、ここにぶち込んでおきましょ。

 

自分自身これから使い腰定期予定ですので、良い活用方法が見つかればまた記事にしたいと思います。