一流のビジネスパーソンを目指すからすぅ100%のブログ

主に一流のビジネスパーソンになるための思考や手法を綴っています。

【ビジネス】一流は自分磨きを怠らない〜資生堂メンの美容液で一歩上のビジネスマンを目指して〜

f:id:incentive-to-innovation:20190511210414j:plain

 

1. 男性にとっての美容の意味とは?

 

男性にとっての美容とは、「己を磨く」と同意義だと思います。

 

資生堂のビューティートップスペシャリスト原田忠さんは男性の美容について以下のように考えています。

 

男性にとっての美容というのは、ひとことで言うと「自分を磨く」ということです。技術や仕事のスキルのように、肌も磨いていく。たとえば靴を磨けば磨くほど愛着がわくのと同じで、自分の肌を磨くということは自分自身を大切にすることにつながります。見た目にはその人の生き方が表れますから、周りからはキチンとした生活を送っている人だと見られ、ビジネスシーンでも良い形で仕事ができたり、対人関係までうまく回ったりすることだってあるはずです。「一流の男」を目指 すあなたは、自分の肌やライフスタイルにしっかりと向き合いながら化粧品も見定めていきましょう。

https://www.shiseido.co.jp/cms/onlineshop/campaign/b/mens/

 

 

美容は自分自身を大切にしようとする意識改革や、他者からの印象向上に繋がるものです。

男性は女性と比べ美に対する意識は低めですが、美容を意識する事が重要であることは理解しておく必要があります。

 

以前の記事でも書きましたが、第一印象を決定するのは身なりで、特に顔には気をつけなければなりません。男性であれば、ヒゲなどを整えておけば十分だと思いますが、そこから更に上を目指すのであれば化粧品にもこだわりを持つと良いです。

 

自分はバルクオムの洗顔料・化粧水・乳液を使用しており、その効果から愛用をしています。

www.karasu100.com

 

肌の手入れはこの3セットだけで十分だと感じていますが、来たる老化対策として新たに資生堂メンが発売している美容液、アクティブ コンセントレイティッド セラムを導入してみましたので、そのレビューをさせていただきます。

 

 

2. 資生堂 アクティブ コンセントレイティッド(美容液)の効果

公式サイトではアクティブ コンセントレイティッドの効果を以下のように説明しています。

年齢とともに現れる男性の印象変化を感じさせない、はりのある精悍表情へ導くエイジングケア美容液。様々な外的要因から肌を守り、押し上げるようなはり・弾力のある引き締まったシャープな肌へ導きます。

 

◎肌の乾燥を防いで小ジワを目立たなくします。

◎紫外線や乾燥などの外的要因による肌、ストレスに働きかけ、なめらかな明るい肌を保ちます。

◎べたつきやテカリを防ぐ皮脂吸着パウダー配合

◎肌本来のバリア機能を保つ、ダメージディフェンスコンプレックス(保湿成分)配合

◎一日中保湿効果が持続します

◎フレッシュでみずみずしい使用感が、素早く肌へ浸透するように馴染みます。

 

他社のアンチエイジングケアも似たような事が書いてありますが、資生堂のブランドを信用し多少高くても使用することにしてみました。

 

1つ上のビジネスパーソンを目指して男性も美容を意識してみましょう!

 

3. アクティブ コンセントレイティッド(美容液)の感想

f:id:incentive-to-innovation:20190512113311j:plain



サイズ感はこんな感じですね。持ち運びには便利なサイズになっています。

内容量は50mLですが、一回の使用量が2〜3プッシュなので、毎日使用しても一月以上は使えそうでした。

 

メーカとしては毎日使用して新しいのを購入して欲しい意図があるのでしょうが、美容液自体、本来は週に2、3回でも十分なのかもしれません。

説明書には使用頻度は書かれていませんでした。


中身は白色の液体でよく伸びます。顔につけてみても顔全体をしっかりとカバーできているのがわかりますし、乳液要らないんじゃないかってくらい保湿力があります。

 

匂いは形容し難いのですが、柑橘系が濃縮されたような匂いがします。苦手な人もいるかもしれませんが、肌につけてしまえば匂いはすぐ飛びますのでご安心ください。

 

まだ使用して一週間程度(毎日朝夜)ですが、肌のハリが顕著に良くなっているのがわかります。他には毛穴が目立たなくなったような気もしますので、これから使い続けるとどうなるのか非常に楽しみです。

 

 

内容量もそれなりにはありますので、一方上の男を目指して試しにやってみるのもいいかもしれません。