THE BUSINESS BLOG (からすぅ100%)

ビジネスパーソンに必要な考え方やスキルを勉強も兼ねて紹介しています。

MENU

【感想】lynch. 最新アルバム「ULTIMA」は間違いなく一つの集大成

f:id:incentive-to-innovation:20200318212101p:plain

0. ULTIMA [究極]に込められた想い

lynch.は間違いなく実力派のバンドです。

音楽シーンを牽引した頃のヴィジュアル系のDNAをしっかりと引き継いでおり、ライブを主軸に着実に実力と名声を高めていった、まさにバンドのあるべき姿を体現した集団となっています。

 

そんな彼らが結成15周年に合わせリリースしたアルバム「ULTIMA」。

 

lynchの経歴、ヴィジュアル、音楽性、世界観を究極なまでに圧縮した作品となっており、「lynch.とはこういうバンド」という一つの指針が打ち出されたといっても過言ではありません。

実験的なアルバムというよりは、過去の作品を進化させたものとなっており、15年のキャリアの中で見出したlynch.というものの形がより鮮明に浮き出た作品です。

 

以下楽曲の個人的な感想

1. ULTIMA

ミドルテンポな曲。バンドの音自体は重たいハズなのですが、音に一体感があるため迷わずに聞き取ることができる、まさに五人が一体となっている事が分かる1曲目に相応しい楽曲。

 

メロディーとしては、初見さんの立場で考えて述べると、比較的聞き易いが、次の曲を聴いてみないと好きなバンドかは判断できないと思います。

常連さんからすれば、安心して聴けるlynch.の楽曲!

 

2. XERO

本アルバムのリード曲であり、見て聴いて楽しめる曲。歌モノとラウドなロックが見事に融合した曲となっている。

クリーンな声とシャウト の使い分けが多く、時たまデスボイスもある。

LUNA SEAと黒夢の美味しいとこ取りみたいな一曲。


XERO / lynch.

 

3. BARRIER

XEROの流れを引き継いでいるような一曲。静と動が入り混じっており、ライブを意識したようで皆で「おっおっおー!!!」と叫べるのでとても楽しい。

歌詞の世界観が和テイストになっており歌詞を意識しながら聞くと世界観に入りやすくてオススメ。

 

4. EROS

lynchにはエロい曲もあり本楽曲が本作のそれに該当する。

葉月さんは艶美という言葉良く似合う男で、BUCK-TICKの櫻井さんに通づるものがあるから非常にセクシーに聞こえる一曲。

前の3曲と比べ比較的ダークなバンドサウンドとなっている。

 

5. ALLERGIE

英詞の一曲。ひたすら耳に入る怒涛の声に支配されるような感覚を味わえる。lynchのもう一つの側面が味わえる。

デスボイス、シャウト、グロウル、ガラテル等の様々な歌唱方法が聴けるため、DIR EN GREYが好きな人とかにはオススメしたい一曲。

最後咳き込んでるやないかい!!

 

6. IDOL

本アルバムで一番キャッチーで聞き易い曲。アニソンとかで使われてても不思議じゃない。

盲信する人を皮肉る少し意地悪なlynch.ここにあり


IDOL / lynch.

 

7. ZINNIA

ベース、ドラム音がはっきり聞こえる重心の低い楽曲。全体を通してのバラード曲となっており、壮大なバラードというよりは、静かに寄り添う感じの曲となっている。

ギターの音も綺麗で、楽器陣のために用意されたような印象を受ける。

 

8. IN THIS ERA

ギターの音が耳に入り易い。ギタリストの二人がお互いを意識しながら構築したようで、聴かせる曲となっている。

ZINNIAの温度を少しあげたような落ち着きと切なさと、少しの勢いを感じさせる。

 

9. RUDENESS

lynchらしい激しさと歌モノが融合した楽曲。つまり、いつもな感じのいい曲。

 

10. MACHINE

叫ぶ!喘ぐ!燥ぐ!吠える!歌う!軽快なリズムではしゃげる楽曲。サビ以外聞き取れない?そんなん良くある事だ!

 

11. ASTER

本作の壮大なバラード曲。

 

12. EUREKA

キャッチーな曲。アルバムの最後に相応しく終始明るい感じで聞き易い。結局、最後にこういう曲を作れるのがlynch.のすごいところ。

メジャーでもマイナーでも通用する楽曲の振れ幅は間違いなくSADSに通じるものがある。